おせち料理

おせち料理

12月30日と31日におせち料理を作りました!
煮物から、和菓子まで手作りしました。初めてのおせち料理は驚くことが多くこれから、料理するときに役立つやり方もたくさん教わりました。

まず最初に作ったのは、栗きんとんです。高級な案の芋をつかってやりました。
皮むきは分厚くむくようにし、黒ずんでしまっている所もとりながらやったので
想像していたよりも時間が掛ってしまいました。でもむいていくと金色の部分が見えてきて
やる気が増してきました。

そして次はさといもの皮を包丁でむきました。慣れていない包丁と里芋が小さくて
一つやるのに5分もかかってしまいました。私はリンゴのように丸くむいていったのですが
先生が縦にむくといいと教えて下さり、また一つ覚えることが出来ました。家でも
実践していこうと思います!!

次にこんにゃくの真ん中の切り込みに、こんにゃくをねじ込み、少しねじらせる作業をしました。
少し手を加えてだけでこんなにもおしゃれになるなんて知らなかったのでこれもまた勉強になりました。
今の時代では知る機会も少ないので本当にありがたいです。

次に昆布巻きを作りました。巻くのはニシンではなくマグロでした。私は市販の者しか食べたことがなく
とても嫌いだったのですが、家で食べてみるとあまりにもおいしくて私が全部食べる勢いでした。
マグロの力かもしれません(笑)

最後に伊達巻を一人で作り、今回は終了しました。伊達巻もふわふわで簡単に家でもできるようなので
これも家でやり、数を重ね、もっとおいしいものが出来るようにします。

初めておせち料理を作り改めて日本の文化の大切さを知ることが出来ました。
今では、スーパーやコンビニでも売っていますがやはり愛情のある手作りがいいと私は心から思います。まだ一人では難しいかもしれませんが数を重ね一人でもおいしい幸せになれるようなおせちを作れるようになりたいです。

IMG_1235IMG_1236

 

ページの先頭へ戻る